Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アンチエイジング

アンチエイジングのため紫外線や肌の乾燥は特に注意が必要です

投稿日:2018年5月21日 更新日:

人の肌は年齢を重ねるごとに肌内部のコラーゲンが作られなくなっていきます。

 

コラーゲンは肌をふっくらさせる効果だけではなく、肌の内側に水分を蓄えておく効果もありますので、コラーゲンが少なくなると肌自体が乾燥しやすくなり、お肌が薄くなったような感じがするようになります。

 

他にも紫外線に肌がさらされることで、肌の内側にある水分を蒸発させるだけでなく、紫外線の刺激で肌が炎症(日焼け)を起こし、シミの元であるメラニンの生成を促進させ、シミができてしまいます。

 

お肌を乾燥や紫外線から守り、アンチエイチング効果を促進させるためには、まずはしっかりとした保湿と紫外線対策として、日焼け止めを塗る習慣を付ける必要があります。

 

お肌を潤す化粧水には、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入っているものを使ったり、お肌の新陳代謝を促進させるビタミンc入りのものを使いクリームや乳液で水分の蒸発を防止した後、日に焼けやすいほおや鼻にはしっかりと日焼け止めを塗るような習慣をつけましょう。

-アンチエイジング
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

色白は美白ケアとアンチエイジングケアといろいろと大変

私は色が白くシミができやすい上に目立ってしまうので、 ずっと美白オンリーのスキンケアをしてきました。   が、30代半ばを過ぎるとほうれい線が気になり始め、 エイジング対策の必要にも迫られま …